2008年に始まった抗菌化学療法認定薬剤師

2008年に始まった抗菌化学療法認定薬剤師

薬剤師にはさまざまな種類がありますが、その中の1つが抗菌化学療法認定薬剤師です。 2008年に日本化学療法学会が抗菌化学療法認定薬剤師制度を開始したことを受け、新たに設けられた資格です。

認定を受けた人は、抗菌薬の正しい使い方を導き、抗菌化学療法の技術と知識を持っていることになります。 抗菌化学療法認定薬剤師として活躍するためには、どんな条件が必要なのでしょう。

薬剤師の資格を取得している人。 日本化学療法学会の正会員に入っている人。 通年5年以上の期間を、日本化学療法学会が認めた施設やそこに関わる施設で研修経験がある人。

日本化学療法学会が決めた研修で、60を上回る指定の単位を履修した人。 処方設計支援も入る感染症と診断された患者さんの治療に加わり、報告可能な症例が25より多い人など。

コメディカルや医師が一つのチームとして連携し、力を合わせて取り組む姿勢が、抗菌化学療法には欠かせません。 抗菌化学療法の中でも抗菌化学療法認定薬剤師は、一般臨床医に薬剤師が介入するときの強制力として働きます。

感染制御専門・認定薬剤師という、日本病院薬剤師会の資格があるのですが、抗菌化学療法認定薬剤師に似ているといわれています。 内容が違っており、院内の感染対策から消毒まで感染制御を幅広く全体的に取り組みます。 ICTでがんばっている薬剤師を育てることが、感染制御専門・認定薬剤師の目的です。

抗菌化学療法認定薬剤師の方はというと、抗菌化学療法に集中しています。 医師に対し抗菌薬やTDMの許可制、届出などに、強力な発言権を持つことが目的です。

TDMを例にあげると、安全面に薬剤師が目を通す以外にも、病態次第では抗菌薬のチョイスそのものをアドバイスしたり、バイコマイシンを推奨することで治療効果をアップさせたるなども、抗菌化学療法認定薬剤師の大切な仕事です。 これから抗菌化学療法が薬剤師抜きでは成立しないことを、抗菌化学療法認定薬剤師の制度が示しているようにも思えます。