6年制大学以外に薬剤師への道はあるか

6年制大学以外に薬剤師への道はあるか

薬剤師の夢を実現するには、どんなルートがあるのでしょう。 薬剤師の国家試験に合格すると、資格を取得することができます。 誰でも受けられるというわけではなく、最初に受験資格にあてはまる条件を整えなければなりません。

大学の薬学部か薬科大学に進学し、猛勉強をして卒業する必要があります。 以前は4年制だったのですが、現在は6年制へと変更されていますので、さらに膨大な学習量になるでしょう。

大学に6年間も通うことに抵抗がある方は、現時点では他の選択肢もあります。 4年生の薬学課程の大学を出て、薬剤師国家試験の受験資格が与えられるという特別な大学院に進み、規定の科目を選択し修了するというものです。

4年制を卒業してから、さらに大学院に行かなければならないのなら、大学院に合格するとは限らないことを考えると、最初から6年制のみでもいいような気もしてきます。 それも2017年度までのことで、以降のことはわかりません。

専門の大学を出ていることが、薬剤師国家試験の受験資格となります。 他の資格なら、専門学校や夜間学部、短期大学などもあることが多いですが、薬剤師は専門の大学卒業者でなくては試験にチャレンジする資格さえないのです。

薬品などを使用するため、授業料他の学部よりもかかります。 留年せずに無事に卒業できても、6年間の学費の合計額はどこの大学もかなり高くなります。 2年生か3年生のときに、大学によってですが他の学部から薬学部に編入できるところもあります。 編入試験を受験してパスした人だけ、移ることが認められています。

薬学部ではない学部をすでに卒業している方でも、この制度を用いることで、薬学部に入ることも可能です。 授業に参加し始める時期は学校によって判断が異なりますので、希望の大学に直接確認してみてください。

大学というと、私立よりも国公立の方がいいような先入観がありますが、薬剤師になりたいなら、私立大学を目指しましょう。 国公立大学は研究者向きで、私立大学は薬剤師を育てる内容に特化しているため、より確実に実現しやすいからです。