社会における薬剤師の使命

社会における薬剤師の使命

社会における薬剤師に与えられた使命は大きなものです。 薬剤師法というものをご存知ですか。 医師の出した処方箋の内容通り、薬剤を調合すればいいというわけではなく、日本国民が健康でいられるよう管理し、より良くするといったようなことが定められています。

薬剤師は人気の高い職業で、一時的なものではなく以前から継続的に支持を受けています。 学生本人も将来なりたいと目指していますが、親御さんが子供になって欲しい職業としても、多くの支持を集めているようです。

我が子に将来なって欲しい業種を調査した、あるランキングがあります。 薬剤師は、男の子は第8位、女の子はなんと第1位という高い評価を受けているのです。 女の子の順位トップというのは、大変な人気ですね。

人気がある職業ですが、専門性が高く、誰にでもなれるというものでもありません。 責任の大きい仕事で、周りからもそのように期待されることになります。

例えば、街にある身近な薬局で働く薬剤師であっても、誤って他の薬品の飲み方を伝えてしまったり、症状に適さない薬剤を間違えて調合し服用させてしまうなどすれば、大問題になります。

勤務する職場の形態が変わっても、薬剤師である以上どんな業務でも責任は重大です。 例えば、企業が行っている薬品の研究や開発の仕事で、もし間違った判断をしたら、後戻りできないような状況を招くことも考えられます。

企業内で働く薬剤師の仕事には、営業職もあります。 営業というと、自社の商品などを上手にアプローチして契約を結べばいいと思われがちですが、薬剤師の営業の場合は、薬局や病院に間違ったデータなどを伝えてしまえば、大きなトラブルや損害になることもあるでしょう。

薬剤師として働く以上、社会のどんな場面でもある程度の責任はついて回るということです。 薬剤師法を把握する以外に、医療法や薬事法も必要な知識です。 改正されることが多く、その分薬剤師に期待される使命も多くなっています。 今後もこの傾向は、変わらないことでしょう。